マカの成分とは

マカには色々な効果が期待できますが、それは色々な成分がマカに含まれているからです。またマカが完全食と言われている要因はその多様な成分もさることながら、含有バランスが優れていることにあります。

特定の栄養素ばかりを摂取するのではなく、他の栄養素もバランスよく摂取しないと効果を発揮しない栄養素が多いのですが、マカは含有バランスが良いため栄養が無駄になりにくいのが特徴です。

マカには五大栄養素である「炭水化物」「タンパク質」「脂質」「ミネラル」「ビタミン」の内、「タンパク質(アミノ酸として)」「ミネラル」「ビタミン」の3つが含まれています。

【アミノ酸】

生き物の身体はタンパク質でできていますが、そのタンパク質を構成しているのがアミノ酸です。つまりアミノ酸によって体ができているといっても過言ではないくらい生き物にとって大切なものです。またアミノ酸のうち体の中で作り出せるのを非必須アミノ酸。体の中で作り出せないものを必須アミノ酸と呼び、必須アミノ酸は体外から吸収されることが必要になります。

  • メチオニン
  • イソロイシン
  • スレオニン
  • トリプトファン
  • バリン
  • ヒステジン
  • フェニルアラニン
  • リジン
  • ロイシン
  • アスパラギン
  • アスパラギン酸
  • アラニン
  • アルギニン
  • オルニチン
  • カルニチン
  • システィン
  • シスチン
  • グリシン
  • グルタミン酸
  • セリン
  • タウリン
  • チロシン
  • プロリン

【ミネラル】

ミネラルは必須栄養素で体の中で生成することができないため、外部から取り入れなければいけない栄養素。カルシウムが不足すると骨がもろくなるというのは有名ですし、亜鉛が少ないと味覚障害を引き起こすこともあります。

しかし過剰摂取による副作用もあり、例えばナトリウム(塩)を摂りすぎると血圧が上昇してしまうことがあります。

  • カルシウム
  • リン
  • 亜鉛
  • ナトリウム
  • カリウム
  • マンガン

【ビタミン】

五大栄養素の一つで体で作られるものもありますが、基本的には外から摂取しなければ必要量を満たしません。現代において著しく欠乏してしまうことは少ないですが、脚気(かっけ)はビタミンB1の欠乏症の一つです。

  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ビタミンB6
  • ビタミンB12
  • ビタミンE

 

いかがだったでしょうか。マカにはこのように色々な栄養素が含まれており、この成分が多様な効果を体にもたらしてくれます。もちろんマカも摂取すれば副作用は発現する可能性はありますが、水でさえ摂りすぎれば水中毒という副作用を発現します。

摂り過ぎによる副作用のないものなど存在しないので、あまり気にする必要はないでしょう。

コメントを残す